石材の種類と相場

お墓を作るという際には、必ず墓石を作る必要が出てきます。
墓石にはそれぞれの家族の名前や家紋が刻まれることとなる、まさにお墓の表札というべき存在です。
お墓の中でももっとも目立つ存在となるだけに、墓石の素材、つまり石材の選び方には注意が必要です。
石材は代表的なものといえばいくつかはありますが、その種類は非常に豊富です。
昨今では日本のみならず中国やインドといったような諸国にも墓石用石材の採石場が作られるようになりましたから、種類とその特徴から、自分たちにとって最も適したものを選べるようになりました。
では石材の種類の中で代表的なものとなるのは何でしょうか。
まず一般的に最高級品として扱われているものですが、これは「庵治石」と呼ばれる石になります。
日本国内で採石される非常に貴重な石であり、青みを帯びた石目に黒雲母のかけらが混じりこむことによって、小さなまだら模様が描かれるというのがその特徴です。
撥水性が非常に高いことでも知られており、石の中に入り込む水分の量が、他の石材と比べると非常に少ないという特徴もありますから、国内外を問わず非常に高い人気が存在しています。
反面、産出量が非常に不安定であることから希少性が高く、一般的な9寸の和風墓石だと900万円前後、4平方メートルの洋風墓石だと450万円前後と価格が高くなっているのが難点といえるでしょう。
こうした最高級のものよりも一般的に使用されているのが、栄州と呼ばれる白御影石です。
白地に黒のまだら模様が特徴的となる栄州は、平均的な硬さと、優れた撥水性が特徴的です。
石目が非常に上品であり、昨今流行っているデザインに凝った墓石とよくマッチするするため、昨今特に人気が高くなっています。
和風の9寸墓石で100万円前後、洋風の4平方メートル墓石で50万円前後と、価格も比較的抑え目なのも人気の理由のひとつです。
また9寸墓石だと一般的には100万円前後になることが多いのですが、そうした平均価格よりもはるかに安い石材というものもあります。
その代表格となるのが新小目と呼ばれるものです。
これは中国産のものであり、撥水性がやや低いために水を吸いやすく、石自体もやや柔らかいために傷がつきやすいという短所はありますが、その分、9寸墓石で50万円前後、4平方メートルの洋風墓石で30万円前後と、非常に安価に墓石が作れるという特徴があります。
また石はそれぞれに色合いが異なったり、採石されたときから傷がついているというようなことがありますが、新小目に関してはそういったトラブルが少なく、安定して高品質な石が供給されるというのもメリットとなっています。
墓石にはこれ以外にもさまざまな種類があるため、求める特徴や価格帯などから、墓石の専門店に相談をするとよいでしょう。

豊かな技術とアフターサービスをモットーに、現在まで5000基を超える墓石等を施工させて頂きました。東京・神奈川・埼玉の墓所・墓苑探しをお手伝い。お客様のご希望に合わせてご紹介致します。お墓を自宅の近くに引っ越したいという方向けの情報ございます。クレジットカード決済をご利用頂けます。人生の集大成となる建墓をお手伝い。お墓に関する知識は豊富です。霊園に関して丁寧にわかりやすくご説明します。霊園をご案内



コメントは受け付けていません